インストラクターの資格取得?

インストラクターの資格取得は必要?

 

なくても、自分で描くことも、人に伝える(教える)ことも可能です。

 

取得してのメリットは、パステル和(NAGOMI)アートのブランド・ロゴを使ってワークショップを開くことが出来るということです。

パステル和(NAGOMI)アートの見本を使って人に、パステルアートを伝える(教える)事ができます。

 

資格を取得すると、和(NAGOMI)アートの代表 細谷氏を講師をお招きして全国各地で開催される、1DAYスクーリングに参加できます。

 

あっても、なくても、どちらでもいいと思います。

 

現在、準インストラクター・(正)インストラクターの数も増え、ハードパステルを使って、簡単に描くことが出来るので、裾野が広がっています。

 

もし、副業を考えられるなら、あったほうが、もしかしたらいいかもしれません。

 

でも、有ったからと言って、それだけで、副業になるとはいえません。

自分で、動かなくては。

 

自分で描く楽しみのためだけであれば、資格は不要だと思います。

だからと言って、あっても、邪魔にはなりません。

 

私は、インストラクターの資格をとって良かったと思います。

資格を取ったことで、描き続けられていると思います。

一緒に描く仲間がいる、一緒に描く楽しさ。

そんな、和(NAGOMI)アートを広げ、一緒に楽しむ仲間が増えるといいな~て思います。

 

インストラクターて、パステルを楽しむのをお手伝いする人だと思います。
また、インストラクターになれば、自分も楽しみながら、長く描き続けることが出来ます。

一人で描いていると、イメージが広がりませんが、人と描くと世界が広がります。
ひとりだと、ついつい遠のいてしまいますが、インストラクターをしていると、描き続けることが出来ると思います。

もっと簡単に、綺麗に楽しくかけないかと考えることも、お友達のことを考えながらだと工夫する意欲もわきてきて、描き続けられ、自分も成長できると思います。

資格は必要ではないですけれど、もし和(NAGOMI)アートのモチーフや、そのアレンジを使用して、情報を共有したい、和アートを楽しむお友達を増やしたいと思っていただければ、インストラクターの資格をぜひとっていただければと思います。

楽しく絵(パステルアート)を、無心になって人と描くために、絵(パステルアート)を描き続ける為に、インストラクターの資格の取得を考えてみてください♪

 

※準インストラクター認定必要事項

 

※準インストラクターに出来る事

 

【資格取得後の費用】 年会費等一切不要 (2015年末迄の認定登録者永久特典) 

 

 

ブログの方に、検索で、

「パステル」 「資格」 「おかしい」と3つの言葉で検索をかけて、ご訪問くださった方がいらっしゃいます。

 

少し考えてみました。考えながら書いたのでとりとめないですけれど、読んでいただければと思います。

 

※パステル 資格 おかしい(その1) 資格て?

 

※パステル 資格 おかしい(その2)問題点は?

 

 

※パステル 資格 おかしい(その3)私から見る和アート

 

※パステル 資格 おかしい(その4)インストラクターに求めるのもは?

 

※パステル 資格 おかしい(その5)偶然始めたパステルアート 選ぶ基準は?

 

※パステル 資格 おかしい(その6)資格は必要?