パステルアートてな~に 特徴と魅力

 

パステルという素材の特性である穏やかで暖かみのあるトーンと、そのようなパステルを削りパウダー状にして、直接指で描くという素朴で独特の技法が融合して生み出す、透明感のある優しくて心地の良いアート。

小さな子供さんから、ご高齢者の方、絵が苦手と思っているかた方、誰でも上手・下手がなく、楽しく・きれいに、15センチの画用紙1枚を20分程度で簡単に描ける絵で、心が穏やかになり、希望に目覚め気持ちが元気に体と心が健康になるアートーワーク。

お互いに絵を見せ合う楽しみは格別で、共感と心の交流が生まれ、新しい自分を発見して、自分が好きになるアート。

プレゼントとして、人への優しい励ましなどの深い想いを伝えることが出来るアート。
皆が、心豊かに穏やかに過ごす人の世になることが出来るアート。
自分のこころ・人のこころに残るもの。

描くこと、お互いに絵を見せ合う事で、自己認識・自己肯定が時間がかかっても出来るのが『パステル和(NAGOMI)アート』だと思います。
特 に子供にとって、『パステル和(NAGOMI)アート』のお互いに絵を見せ合う交流、人に喜んでもらえる体験・人からこんなところが面白い、きれいだと肯 定的信号をうけとることが出来ることは、成長の時にとても必要なことを、知らず知らず受け取る体験が出来き、元気で健康に心が育つことができるのが『パス テル和(NAGOMI)アート』だと思います。


20分で簡単に描く事もできれば、時間をかけて描く事もできると思います。
どちらも、楽しめるアートであると思います。時間をかけ構想を考え、時間をかけて描く事も楽しみ。

そして、思い描いた通りにないところが面白いアート、意外性があるとところが魅力。そしてその以外性が、計算したものより素敵だったり。

描きたいものがない、描けるものがないと思っていても、指でパウダーをこすり、その指で15センチの画用の上で指をこすっていると、何かが描けてきてしまうのが魅力だと思います。

15センチの画用紙にこだわることもありません。ポストカードと同じ寸法でも、とてもバランスの良い絵が描けます。

指で、パステルの粉を混ぜていると、なんだか暖かくなります。(面白くない言い方をすれば、単なる摩擦熱・・・)でも、こころも、ほんわりとします。

 

 

ほとんど、日本パステルホープアート協会のHPからの抜粋にプラスα私の思い

日本パステルホープアート協会普及活動の標語

下記に記載されていることが、標語かどうかは、それぞれのお考えだと思います。私が、細谷氏から伺ったこと、HPを見たて、こうかなと思ったところです。

 

日本パステルホープアート協会のHPより、転記させていただいています。

 

絵を描くことを伝えることを通して、心豊かで健康的な社会環境を実現します。「簡単・綺麗+楽しい・嬉しい+優しくなれる」。一でも多く一人でも大切に。
誰でも気軽に体験でき、人間が持っている本能(芸術性・人間性)を引き出だせる癒しや心身の活性化等に対する社会的な認識を広げ、価値観を共有できる場・雰囲気を提供していきます。

 

人から人へ伝えていく♪

グループワーク