心の中の小さな私へ

読むだけの、インナーチャイルドワーク

 

研修でたまに 「インナーチャイルドワーク」 をします。

インナーチャイルドワークとは、私たちの中の 「小さな子どもの人格」 を癒す心理療法です。

とはいえ、研修の限られた時間ですから、読むだけの簡易版です。

その、いつもは文字だけのインナーチャイルドワークに、このたび絵がつきました。

必要ない人には必要ないものなのですが、自己嫌悪が強い方には必要かもしれません。

あ、「あとがき」はみんなに読んで欲しいなあ。


お持ち帰りOKです。
2つお願いがあります。

1.気持ちが惹かれましたら、ダウンロードしてプリントしてもかまいません。もし、それを見て気持ちが惹かれる方がいらっしゃいましたら、このサイトを教えていだだければ、嬉しいです。


2.これで、著作権をとる行為だけはしないようにしてください。

こころより

 

著者・絵

 

相手も幸せ、私も幸せという、生き方、働き方コンサルタント

株式会社メディケア・ナビ 

幸せのタネを蒔くカウンセラー

代表 長澤信夫
メルアド:medi@1ne.cc
URL:http://medi.1ne.cc/index.html
ブログ:http://medicare.blog56.fc2.com

 

 

自分を癒す大人の絵本(メンタルヘルス)
メニューバーの「表示」⇒「表示を回転」⇒「左90度回転」で横向きにして読んでください。
印刷はA4でプリントして、半分に折り、ホッチキスで止めると、簡単な冊子になります。
お持ち帰り自由ですが、気になる方がいたらお渡しください。
これで、著作権をとるような事はなさらないでください。
出版企画書「心の中の小さな私へ」.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 638.2 KB

あとがき   【インナーチャイルドを癒すということ】

 

幸福感は、あなたが感じようとしない限り現れません。

同じように、あなたが素晴らしい自分に気付こうとしない限り、本当のあなたは目覚めないのです。

 

あなたの中のもうひとりの自分・・・・インナーチャイルドは、本来、天真爛漫な自由人です。

よく笑い、よく泣き、気ままで、優しく、大声で歌い、踊り、駆け出し、触り、感動し、何でも吸収し、前進し続けようとします。

 

それは、生まれた時から今まで変わることのない、あなたの本質とも言えます。

 

 

癒しとは、解放のことです。

 

理性的にではなく、もっと本能的に、感じるままに進もうとする自分を許した時、あなたは本当の自分の望みに出会い、それを人生の目的とするでしょう。

 

今必要なのは課題やプレッシャーや反省ではなく、それらからの解放なのです。

 

 

インナーチャイルドは、純真です。

あなたの言うことなら何だって信じます。

 

「ダメだ」と言っても 「凄い!」と言っても、それが自分なのだと信じます。

だからこそあなたには、自分に起きる良い事も悪い事もただ受け止め、何よりもまず、その労をねぎらって欲しいのです。

「よく頑張ったね」と。

 

 

これを読んで下さってありがとう。
自分を愛することの中で、ひとつ大事なのは、「すぐに結果を求めない」ということです。
「ゆっくり進もうね」と自分に言ってあげられたら、それは素晴らしい愛の実践ですよ。